習い事は興味があれば続ることは可能です

多動で落ち着きがない、
不注意、乱暴、協調性なし
人の気持ちが理解できない。

こんな長男でも習い事は続けることができています。

そう、興味がある分野は習い事をさせてあげれます。

長男も楽しいようで喜んで習い事に行きます。

例えば体操教室。
体を動かすことが好き(落ち着きがない)だったので
3歳から始めました。

初回から1年目ぐらいは順番が待てないし、
何度も練習したくて泣いたり、
拗ねたりしてました。
先生を困らせていたかもしれません。

でも、そんな落ち着きのない長男でも、
年齢を重ねれば順番も待てるようになるし、
拗ねないし、努力することを覚えました。

体操教室は習わせてよかったです。

今も体操教室は継続できています。

できる技も増えて学校ではお友達に自慢!?できるようで、
自信にも繋がり嬉しいようです。

そんな長男、バク転に挑戦しています。
まだまだ綺麗な形ではないですが、
綺麗な形ができるように練習を頑張っています。

褒められることで伸びていきます!

出来るようになったこと認めてあげること。これも大事です。

ADHD、自閉スペクトラムでも習い事ができます。

体を動かすことでストレス発散になります。

まだまだ、体操教室は続けたいみたいなので私も送迎頑張ります。

では、では
今日もお読みいただき有難うございます。

アドセンス

スポンサーリンク


ブログ バーナー
▽ランキングに参加しています▽

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする