発達障害!忘れ物を減らすための工夫は?

ADHDがある長男は
忘れ物は頻繁。

「準備完了」と本人は思っていても
忘れているんですよね。

筆箱、箸箱、体操服とか・・・・

それは、それは頻繁。

私がしている対策は、準備完了と言われても
本人がいない所で確認する。

そして、忘れていたら、
用意をしてあげるのではなく、

連絡帳にチェックをつけて再度確認をさせています。

スポンサーリンク

持ち物!準備完了?再度チェックしよう

誰でも忘れ物をしてしまうことってあると思います。
その頻度が長男の場合は特性もあるので
頻度は高いんです。

忘れないためにも長男も工夫しているみたいですが、
家族でも促すような仕組みで工夫するようにしました。

制服を着替える場所に
ホワイトボードに項目を書いています。

・体操服 OK?
・箸箱  OK?
・帽子  OK?
・習字道具OK?
・絵の具 OK?
・ピアニカOK?
・リコーダーOK?

連絡帳を見て、必要な物の準備がOKであれば、
OKのマグネットを貼るシステムにしています。

毎日、必要な物や頻度の高い物は
箸箱と帽子と体操服ですが、
この仕組みにしてから
忘れ物がぐっと減りました。

視覚から訴えかける仕組みは
長男にとって必要なので、このやり方を続けていきたいと思います。

毎日、必要な物でも忘れ物をしてしまうので
忘れ物をすることが減って安心しています。